下記の大会にPATO STUDIOから3名が入賞しました。皆さんの応援、ありがとうございました。

【大会名】World Master IBJJF Jiu-Jitsu Championship

【日時】2019年8月21日(水)~24(土)

【会場】Las Vegas Convention Center (アメリカ/ラスベガス)

 

 

マスター4茶帯フェザー級  準優勝 岩崎浩二
マスター3黒帯ライトフェザー級  準優勝 西林浩平
マスター5黒帯ルースター級  優勝 高倉祐二 

 

View this post on Instagram

【IBJJFワールドマスター2019】初日 マスター4茶帯フェザー級 猪股さんは得意のDハーフに入れるも相手のバランスの取り方がかなりうまかったようで、最後にアドバン取られて負けてしまいました。スイープが取れそうな場面も2回あり、細かいところを詰めていけばすぐ結果は出ると思います。 練習しまくっているのでどんどん体重が落ち、今回はフェザーでの出場でした。減量は結構大変でした! 岩崎さんは初戦、執念の場外ぎわスイープアタックで逆転勝利、準決勝は得意のラペラガードに入れて終始攻め続け、レフェリー判定勝ち、決勝はATOSのかなり強そうな選手にスイープとパスを許し0-5で負けてしまいましたが、全試合集中していて今年前半の悔しい負けの課題はクリアできたと思います。 試合後は相変わらず食べまくってます! 初日の午前中には世界王者オタービオのセミナーにも参加してきました。とても良かったです。帰ったらクローズドガードの週なので早速シェアします。 #柔術 #ブラジリアン柔術 #巣鴨 #格闘技 #bjj #jiujitsu #nogi #grappling #bjjlife #bjjlifestyle #PATOSTUDIO #ALMA #scramblebrand #adidas #koral #daisukenakamurabjj #dojo #fitness #ibjjfworldmasters2019

A post shared by PATO STUDIO(パトスタジオ) (@patosbjj) on

 

View this post on Instagram

【IBJJFワールドマスター2019】2日目 黒帯マスター3 フェザー級 高玉さん 初戦は下から得意の展開で相手を完封し、2回くらいスイープアドバン手前までいきレフ判定勝ち。 2回戦はスイープし合い2-2 アドバン1つ追いかけて最後Dハーフから立ち上がり、相手を倒しきれずアドバン1差負け。 残念でした。最初にスイープしたあとのパスのアタックを審判が見てなくて?アドバン貰えても良かったかなーと思いましたが仕方なし。 黒帯でも充分戦えますね。 同じくライトフェザー級 西林 初戦は相手来ずDQ。 2回戦はランク1位の選手。相手のスライディング引き込みに対して座ってWガード取ったつもりだったけど相手が立ち上がり2P献上。 「切り替えよう!」のアドバイス聞こえガードを作りフックスイープから相手が亀になりクルシフィクスの形で下になるが決められずアドバンゲット。終盤シンtoシンからスイープし、残り1分をハーフでキープし終了。 準決勝はSPLASHの木部選手。 引き込み、ハーフを取る。袖を取られて慌てるがリバデラで切り返したりハーフの攻防が続き、残り40秒フックスイープで2P取り、トップキープで勝ち。これはとても嬉しい勝ちでした! 決勝はなんと金古さんをレフ判定で破ったマルシオ・カルバーリョ。下がかなり強いのでWガードをこだわろうと思っていたが、Wガードからすぐクローズドに入れられ(やろうと思っていたことをやられた)上を取るしかなくなり、上とったらすぐに三角に入れられる。相手もキメを重視せずそのまま固め気味だったのでなかなか抜けられず、残り30秒くらいで抜けてパス狙い、最後相手を亀にしてバック取りかけるも場外でアドバン止まり、0-2 A2-1で負けでした。 ワールドマスター2019 準優勝でした。 #柔術 #ブラジリアン柔術 #巣鴨 #格闘技 #bjj #jiujitsu #nogi #grappling #bjjlife #bjjlifestyle #PATOSTUDIO #ALMA #scramblebrand #adidas #koral #daisukenakamurabjj #dojo #fitness #ibjjfworldmasters2019

A post shared by PATO STUDIO(パトスタジオ) (@patosbjj) on

 

View this post on Instagram

【IBJJFワールドマスター2019】 3日目② 女子マスター4青帯ライトフェザー級 北川アヤさん 引き込み際、相手の方が早く座り、立たれて2点失ったあとはハーフ、オープンで攻め、スイープのアドバンゲット。 クローズドからの十字絞めももう少しのところで逃げられアドバン。 スイープすれば勝ちという場面で相手も守りに入りスイープできず、惜敗でした。 重い膝の怪我を抱えながら、よく頑張ってくれました。ガードが凄く良かったです。今回初めて経験した競った試合展開についても、怪我を治してまた練習していきましょう! 今回一緒に行動している三人、パラTBの吉田さん、卯都木君、 エクストリーム海老名の久保さんも試合でした。 マスター1紫帯ライト級 吉田さん 初戦、得意のガードから三角に入れたり有利に攻めてポイント勝ち。三角の見込み一本が2Pでスタンド再開、という波乱も。 次戦はデラヒーバからバックに回られ絞めで一本勝ち。立ち技に課題が残りましたね。この相手は勝ち進んで3位に。 アダルト茶帯ミドル級&オープンクラス(ラスベガスオープン) 卯都木君 昨日は柔術で3位入賞、無差別ではあのロベルト・ヒメネスと戦うなど超ハイレベルな戦いをしています。 この日はノーギで初戦十字で一本勝ち、次戦は足関のスペシャリスト的な人に健闘も膝十字で負け。 女子マスター3青帯ライトフェザー級 久保さん アヤさんと試合がかぶってしまうので応援できませんでしたが、初戦をポイント負けとのことです。 ラスベガスに来て試合をするという大きな経験は今後の柔術に大きな成長をもたらしてくれると思います。 明日の最終日は毎年恒例、MR.パーフェクト清隆さんの大トリです!期待しましょう! #柔術 #ブラジリアン柔術 #巣鴨 #格闘技 #bjj #jiujitsu #nogi #grappling #bjjlife #bjjlifestyle #PATOSTUDIO #ALMA #scramblebrand #adidas #koral #daisukenakamurabjj #dojo #fitnes #ibjjfworldmasters2019

A post shared by PATO STUDIO(パトスタジオ) (@patosbjj) on

 

View this post on Instagram

【IBJJFワールドマスター2019】 4日目(最終日) マスター3紫帯ライトフェザー級 清隆さん 初戦、相手はスタンドから勢いありそうな選手。タックル狙われつつも引き込み、クローズドから三角、オモの展開狙うも相手の圧力がかなり強く、ハーフにさせられアドバンを2つ取られ、その後も密着系の圧力掛けられたままアドバン2差で敗退。密着系の対応に課題を残しました。清隆さんの実力はこのトーナメントでもトップクラスのはずなので、こういう相手にも対応できるようにしたいですね。課題が残りました。 これで今年のワールドマスターが終わりました。 勝った人も負けた人も、大きな経験を得られたと思います。 また来年! #柔術 #ブラジリアン柔術 #巣鴨 #格闘技 #bjj #jiujitsu #nogi #grappling #bjjlife #bjjlifestyle #PATOSTUDIO #ALMA #scramblebrand #adidas #koral #daisukenakamurabjj #dojo #fitness #ibjjfworldmasters2019

A post shared by PATO STUDIO(パトスタジオ) (@patosbjj) on

 

8月のスケジュール

クラスタイムテーブル

[オンラインテクニック動画]ツキイチセミナー復習動画