こんにちは。中村です。

昼クラスがあるときはクラス後に外に食べに行くことが多いです。昼クラスによく参加しているワケと行くことが多いのですが、チェーン店が嫌だとか肉が食いたいとかなかなか注文の多いワケなのでお店を選ぶのは先輩特権で自分が決めています。自分はあえて古くて汚いお店を好んで選んでしまう傾向があります。アマゾンの奥地に未確認生物がいるんじゃないかと想像してしまうようにこの店に実は穴場で飛び切り美味しいものあるんじゃないかと思いお店に入ってしまいます。食にも冒険心が働いてしまいます。そんなお店の味はそこそこの場合が多いのですが店の雰囲気だったり面白いことがありそうな気がして通ってしまうことがあります。そんなお店に連れて行っているので昼飯後は冒険心のないワケは文句を言ってきます。汚いとか、コップの水にホコリ浮いていたとか、肉が薄いとか細かい後輩です。

この前もパトスクルーの山口、ワケとそんな冒険をしました。今回は巣鴨でもかなり古い大衆食堂に行きました。店構えからかなりデイープな雰囲気を出していてワケが入りたくないと駄々をこねたのですが自分は二回目の来店なので躊躇なくお店に入っていきました。お世辞にも綺麗ではない店内、油で茶色がかった壁紙、年期の入ったテーブル、イス全てに雰囲気があります。83歳のおばあちゃんが一人でやっているので、勿論水も出てきません。それも良いです。おばあちゃんが持ってきたご飯の皿の縁にはメニューで使われてないはずのネギがついていたり、ご飯にケチャップが少しついていたりとハプニングもありましたが自分は全然気になりませんでした。これも店の味です。食事はやはりそこそこの味で、その中でも豚汁は美味いのですが肉が一切れも見当たりません。肉の脂のうま味を感じるのに不思議です。もしかしたら開店直後に行ったら肉の入った豚汁が食えるのかもしれません。食べ終わり、会計を頼むと常連であろうおじさんが自分達の食事代を持ってずかずかキッチンの中に入りお釣りを持って来てくれました。素晴らしいです。巣鴨のストリートのリアルを感じる最高の食堂です。柔術のリアルを追及するのがパトスタジオ巣鴨スタイルです。なので巣鴨の食のリアルも追及していきたいと思っています

index

店を出たあと山口が豚汁におばあちゃんの指入っていたねと言っていました。それもよいダシになっている気がしました。

1index

最近は巣鴨周辺にお住まいの会員さんに美味しいお店や行きつけのお店を最近よく聞いています。手塚さんのおススメの金剛苑は西林さんが行ったらしくの焼肉ランチは680円でご飯大盛無料と、とってもリーズナブルで美味しかったそうです。今度はここに行こうと思います。美味しくて巣鴨のリアルが感じられたらいいですね。