こんばんは。西林です。

パトス随一の食通とされる、会員の廣瀬さんから巣鴨グルメレポートが届きました。ありがたいです。
実はこの店の大将(本文中のデカめのヒゲのおじさん)とは、娘の幼稚園つながりなのです。

私は初めて食べた時、本当に私の中のわらびもちの常識が覆されました。
冷凍して半解凍した状態がこんなにおいしいなんて。
では早速どうぞ。

 

以前、西林さんのinstagramに紹介されていた「わらびもち もとこ」をリポートします。

巣鴨駅前の白山通りから向かう場合は、地蔵通り商店街に入るすぐ手前の路地を左に少し入ったところにあります。パトスタジオからだと、白山通りまで出る必要はなく、スキップなら数十秒で着ける距離です(ただし昼練後は足を攣らないように注意)。

初めて伺った時は、店頭の男性が「自分は一時的な店番なので、よかったら店主が帰ってくまで少しだけ待っていて下さい」とおっしゃいました。その日は多少急いでいたものの、和服に襷のおしとやかな「素子」さん、あるいは割烹着で笑顔のステキな「元子さん」が額にうっすら汗を浮かべながら懸命にわらび餅を練る姿を勝手に心に描いていたため、会ってみたさが勝ってしまいました。試食をいただきながら待つとすぐに、真性寺のほうから現れた方が出店の内側に入られました。デカめのヒゲのおじさん(失礼)でした。営業戦略にやられました。お話しすると、とても優しそうな方でした。

今回は、桜の花の塩漬けが入った「桜のわらび餅」をいただきました。青大豆きな粉との組み合わせが綺麗です。定番の「三温糖」、「黒糖」、「抹茶」のほか、季節限定の「黒ごま」、「紫芋」、「塩」などのバリエーションがあるそうです。全て1パック税込み540円。半解凍状態で販売され、そのまま持ち帰って冷蔵庫で数日間日持ちするということで、一般的なわらび餅よりゆっくりと楽しめるのも嬉しいです。

「わらびもち もとこ」
東京都豊島区巣鴨3-31-2 アルカディア篠 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/1

レポート:廣瀬

巣鴨にきたらぜひ寄ってみてください!

 

【2日間開催】5/25(土),26(日)にALMAプレゼンツ ツキイチセミナー2019年5月(マウント)を開催

2019年5月のスケジュール

クラスタイムテーブル

[オンラインテクニック動画]ツキイチセミナー復習動画