グルメ王こと廣瀬さんから、レポートが届きました。

廣瀬さんのグルメレポートを毎回楽しみにしている柔術家も多いと聞きます。味についてはほとんど触れないのが彼のスタンス。
ゲーブルグリップが苦手な人はおにぎりを握れば握るほどうまくなります。

ぼんごは、本当におすすめですよ。私(西林)も常連で、一度行ったことがあります。本当においしいですよ。

■「おにぎりボンゴ」
おばんです、廣瀬です。今回は「おにぎりボンゴ」をレポートします。各メディアのおにぎり特集では常連の有名店なので、ご存じの方も多いと思います。席はカウンターのみ10席ほど、メニューもおにぎりとお味噌汁,お新香のみ、という一見雄(オス)度の高い構成ですが、行列や店内の客層からは、老若男女問わず愛されていることが窺われます。オレンジの文字が流れる電光看板やweb1.0感のあるオフィシャルHPなども含めてステキなお店です。

おにぎりの具材は50種類以上あり、多くが1個250円です(一部300円、筋子550円)。初めて行った時は魅力的な具材の多さに感激し、いつか全種類制覇することを心に誓いました。しかし行った時の気分を優先して具材を選んでいるうちに、どれを食べたことがあるか分からなくなり、早い段階で挫折しました。私は、できたてのおにぎりをお店でいただくのが好きです。豆腐汁に入れる別添えの海苔も香り高くて、おにぎりを引き立ててくれます。行列が苦手な方は、事前に電話注文をしておき店頭でテイクアウト、というのも可能です。

ぼんごのおにぎりは、形を整える程度にしか握り固められていないふわっふわの食感が特徴です。重力と海苔のテンションがバランスして辛うじて三角形を保っている状態なので、上から食べ進めると必ず崩壊していきます。それを避けるためには、ひと口で食べる、以外の方法はまだ見つかっていませんが、具材もたっぷりで、ひと口で食べるどころか1個あたりの食べ応えがけっこうあります。練習後の食事であれば、おにぎり2個or3個+豆腐汁(おかわり自由)の組み合わせがいい感じではないでしょうか。平日のラインチタイムや深夜は100円引きのセット価格があります。「練習前に軽くカーボを入れる程度にしたい、でも具材を1種類に絞れない!」というジレンマに心が引き裂かれそうな時には、おにぎり1個に具材を追加する(+50円?)なんていう慈愛に満ちた救済も用意されています。

ということで、一人で外食してもそうそう面白いことは起こらないわけで、普通のお店リポートになってしまいました。しかも最寄り駅は巣鴨ではなく、ひとつ隣の大塚なのです…が、パトスタジオからも徒歩圏内巣鴨グルメがネタ切れなので紹介しました。ちなみに,謎の具材「ままけは」についてググってから行くと、同行者に対してぼんご通ぶることができます。

「おにぎり ぼんご」

関連ランキング:おにぎり | 大塚駅大塚駅前駅巣鴨新田駅

 

廣瀬さんの活躍に刺激されてか、前田先生も近々グルメレポを投稿する気満々のようです。

 

過去のグルメカテゴリーはこちら

7/27(土)にAriel TabakによるBerimbolo & Crab Ride & Waiterセミナーを開催

7/29(月)にLevi Jones-LearyによるBerimbolo & Crab Rideセミナーを開催

7/15まで! 【ブラジリアン柔術】入会キャンペーン2019! 【PATO STUDIO】

クラスタイムテーブル

[オンラインテクニック動画]ツキイチセミナー復習動画