こんばんは。西林です。

アヤさんから巣鴨、千石のグルメレポが届きました!

なんと2店同時レポです(初)!

ごきげんよう!

昼クラス後にランチで食べたくなるのは焼き肉かラーメンなこの頃。
焼肉はパトスブログでも紹介された「炭火焼肉やまと」で決まりですが(食後に500円チケットをくれるので無限ループ中)、今日はラーメンで最近ハマっている巣鴨と千石のお店を紹介します。

まず、今年の元旦に直球でヒットしたのが『麺や いま村』。
店前の大提灯に「濃厚鶏白湯」とあり良い感じ。のれんも白地で清潔感があります。
季節柄か、年齢のせいか、美容にも効くこってり系にハマってるので、身体のなかから潤ってくれそうなスープに期待が高まります。

入店するとおかみさん的な方が明るくテキパキしていて印象◎。コの字型のカウンターのセンターには炭火焼台があり鶏チャーシューが延々と焼かれています。
味は塩と醤油があるようで、我々夫婦は共に「塩」を注文。

ご対麺~♪(言いたかっただけ)

お正月を意識した寿の蒲鉾が丼ぶりに貼ってあったり、トッピングした煮卵にも店名の焼き印があるなど、漏れ出るセンスも悪くない感じだし、クリームのような超濃厚スープと太目の麺がめちゃくちゃおいしい!
酸っぱい?凝った味付けのミニトマトもアクセントになっていて、小鉢には「レモンジンジャー」と「キノコのマリネ的な何か」が付いて来て、味変しながら飽きずにどんぶりを空にしました!

あまりに気に入って翌日は醤油にトライしようと行ってみましたが、並んでいたのであっさりと断念。次回に期待です。
クリスマスには炭火焼の鶏肉も売り出しているみたい。今年のクリスマスは忘れずここで買おうと思います。

関連ランキング:ラーメン | 巣鴨駅千石駅駒込駅

昭和生まれのせいか、たまにどうしても食べたくなるのがあっさりとした醤油味の「中華そば」系ラーメン。
永遠の定番と言えるお店がこちら、千石の『新華楼』さん。東洋大通りにある「ザ・街中華」です。

白山上に某『情熱○陸』で特集された行列必須の街中華がありますが、私は断然こちら推し。
行列に並ばなくて良いし、昼クラス後にゆっくり行っても充分間に合う営業時間設定も程よい。
ラーメン一杯を500円!でキープしているお店の心意気にも応えたくて、足繁く通っています。

具には手作りチャーシュー、細身のメンマ、ワカメに小松菜と正し過ぎる中華そば感。
どんなに葉もの野菜が高騰しようと茹でた小松菜が年中添えてあるところも、主婦の心に響きます。

ネギはおじさんが早朝から一人で刻んでいるそう。
おじさんは「すみません!すみませんねぇ!」と激しく謝りながらラーメンを出してくれます。

ノスタルジック溢れる店内も中華そば感の期待を裏切らず。テレビはもちろんブラウン管。

私は基本、ラーメンかワンタンメン(650円)ですが、近所の美容院店主に薦められたウマニソバ(700円?750円?)も最高でした。
今度はぜひラーメンに半チャーハン(麺類頼むと250円らしい)も付けて男飯を堪能したいと思います。

関連ランキング:中華料理 | 千石駅本駒込駅白山駅

(基本、大将お一人でやっているせいか、昼のみ営業の様子)

 

雰囲気が全く違うモダンとオールドスクール、2店のご紹介ありがとうございました。焼肉やまとを紹介したことも忘れていましたが、このレポはみなさんの心深くに刻み込まれるでしょう。

激しく謝られるとまた行きたくなりますよね。

ではまた次の巣鴨グルメで!

 

【重要】緊急事態宣言下での運営変更点について

クラス編成変更について (2021年1月から)

クラスタイムテーブル

[オンラインテクニック動画]ツキイチセミナー復習動画

巣鴨グルメ