こんにちは。中村です。

つい先日、トップでのベースの取り方をジム生と話していた時に空手経験者の雨貝さんがサンチン立ちがいいのではと提案してくれました。かの有名な格闘漫画グラップラーバキでは末堂がジェットコースターに乗りサンチン立ちをしながら戦っていたし、雨貝さんも電車に乗っているときにサンチン立ちをしているとかなり安定すると言っていました。なるほど、なかなか良いかもしれません。

やや膝を落とし内股でレの字に足を構えることにより、非常に安定した立ち方になります。ギメンデスもこのような下半身のベースをしているところをよく見かけます。膝が内側を向いているのでニースライスパスにもいきやすそうです。

他の競技から色々なテクニックを学ぶのは面白いです。自分もレスリングや柔道などのテクニックを積極的に取り入れていました。そういう視野を広くしていく事も上達には大事な気がします。ちなみに西林さんはクローズドガードを立って割るときは空手の騎馬立ちをイメージしているそうです。流石です。

ふじさん1

6/26(日)ALMAプレゼンツ ツキイチセミナー6月を開催

明後日のツキイチセミナーまだ空きがあります。参加お待ちしています。